2つの条件

あなたがこの

を満たすなら…

月30分の投資で

アフターフォローしながら

売上をアップ

できます

※この方法で毎年4億円以上売る工務店もあります※お客様が満足しなければお金はいりません…

条件はこれだけです

条件①

お客様が満足する工事を届けていること

条件②

月30分の時間を確保できること

「月30分でアフターフォロー?」「それは無理でしょ?」僕もそう思ってました…

渡辺です。

「顧客のアフターフォローなんて、お金と時間に余裕のある会社じゃないと無理でしょ?」

そう思うのは分かりますし、思い切った約束をしているのもわかっています。


ただ、あなたにリスクはないですので、上に書いた2つの条件に当てはまるなら5分だけお時間をください。


というのも、僕も最初はおっかなびっくりスタートさせたのですが、今では続々と「既存客に喜ばれながら、売上もアップできている」という報告をもらっているのがこのサービスなんです…

嬉しい報告がどんどん増えています

160件しかないのに既存のお客から部屋の増築・新しい小屋の設置・ベランダ修理と3件の引き合いがきました。新築の勉強会も毎回来てくれる人がいて、明らかに会社が良い方向に進んでいます。

高木さん(工務店)

チラシの反応がゼロだったので、代わりにこれを5000部ポスティングしたら問い合わせが3件来て驚きました。新店舗の採用募集にもここから応募が来たし、アフターフォローだけじゃなく新規集客でも当たりコンテンツとなっています。


片山さん(外壁塗装)

彼らが売上をあげた方法は?【ニュースレター】ですわずか月30分で売上アップできる理由は…

わたサポの顧客が使うニュースレターは「お客のフォロー」と「売上アップ」を同時に実現させています。

なぜなら、このニュースレターには「あなたの会社への信頼度アップ」と「工事を頼みたくなる仕掛け」の両方があるから。


ちなみに、あとで詳しくご説明しますが、このニュースレターを作るのに必要なあなたの労力は“ほぼゼロ”です。


なので、ある意味自動で顧客フォローと売上げアップができます。

もちろん、ゴリ押し販売などで1つ目の条件である「お客が満足する工事を届ける」ができていなければ何通送っても反応はないでしょう…


でも、そうでなければ、あなたもニュースレターを使って【顧客のフォローをしながら売上を伸ばす】という理想の状態を作ることが可能です

塗装以外の工事を獲得したくてニュースレターをはじめました。過去に失注した方からも引き合いがありますし、「素晴らしい取り組みですね」「信頼できる会社なんですね」と嬉しい連絡ももらえるので手応えを感じています。僕らが思った以上に、めちゃくちゃ読んでくれてますね。

大西さん(外壁塗装)

なぜ、こんな約束ができるのか?

今すぐニュースレターをやるべき3つの理由

既存客のフォローができる

理由①

あなたが真面目にお客と向き合っているのであれば、当然「既存客のフォローはするべき」と考えていることでしょう。


ですが、ご存知のとおり忙しい中アフターフォローをするのは大変です。事実、「年末に挨拶がてらカレンダーを渡しに行くだけでもヒーヒー言いながらやってる」という方も多くいます。


でも、ニュースレターならそんな手間も必要なし。

郵送なので訪問する手間もなく、会社や社員のプライベートな部分を見せることで親近感を抱いてもらえるため「気軽に話せる関係」を維持することができます。


実際に5回より10回、10回より12回見てもらったほうが、年に一度だけの訪問よりはるかに好感度がアップします。


つまり、ニュースレターは既存客をフォローし、会社に対して高い好感度を持ってもらうのにうってつけの方法なのです。

昔のお客に話を聞きに行ったら「気軽に頼める関係でいてほしい」「忙しそうだから頼みづらい」と言われて少しショックでした。小さな会社はお客を大事にしてこそ長い付き合いに繋がるので、アフターフォローはほんとに重要だと感じています。

齋藤さん(工務店)

小予算で売上アップできる

理由②

新規客からの売上を狙うには広告費がかかります。

また、他社との相見積りに勝つためには営業力も必要です。


そんな手間と労力がかかる新規客に対して、既存客ならあなたのことを信頼してくれているので相見積の心配が不要。

町の電器店が少し値段が高くてもリピートされるのと同じく、粗利35%~40%で見積もりをだしても「いつもありがとうね」とカンタンに契約してもらえます。

しかも新規客向けの広告費と比べて、既存客を維持するのにかかる費用はわずか5分の1ほど。

つまり、新規客よりも安い費用で、高単価で受注を獲得することが可能になります。

売上げが伸び、さらに“安定する”

理由③

ツボを押さえたニュースレターを送っている会社は「失注したお客」からも問い合わせが来るようになります。


新規客のときに受注したかどうかは関係ありません。単純に送る数が多い会社ほど売上が伸びるので、住所を把握しているお客の数が多い会社はすぐにでも「売上を安定させる」ことが可能となります。


繰り返しますが、新規客向けの広告費と比べると、既存客を維持するのにかかるコストはわずか5分の1ほどです。


つまり、今まで新規集客を頑張り、たくさんの住所を手に入れた会社ほどニュースレターを送ることで報われます。


「今まで頑張って集客してきたけど、思ったほど成果がでていない」

そんな場合でも、顧客満足度を高め、売上をアップさせ、さらに安定させられる。同じ効果を生むのに、これ以上に有効な手段は他にはないでしょう…

70件しか送っていないのに、初回で2件リフォームを受注できました。毎月リフォームが受注できるので、今は新規の受注狙いというよりニュースレターを送る宛先を増やしたくて広告をまいています」

田所さん(屋根工事・塗装)

もしあなたが、2つとも条件を満たすなら売上を伸ばし、安定させるチャンス

冒頭の2つの条件をあなたが満たすなら、このサービスを使うことで会社の格を1つ、2つ上げることができます。

(詳しくは後半に書いているので、最後までお読みください)


実際に、このサービスを使ってニュースレターを送っている会社は売上アップだけでなく「素晴らしい取り組みですね!」「ぜひ継続してください」「近所の方に配ってもいいですか?」という声が顧客から届いています。それも、わざわざ電話までしてくれて、です。


しかも、ほとんどの方が「一度は失注した」方からも受注ができている。なので、わたサポの顧客でも、ちょっと大きめのリフォーム会社だと、既存客から年4億4000万円も受注している方がいます。


それほどの効果があるので、サービス開始から1年以上経ちましたが誰もやめていません。


あなたも一度体感してみれば、このサービスの良さをスグに分かっていただけると思います

【30分話すだけ】オリジナルニュースレターが完成します

「ニュースレターが良いのはわかるけど、作るのめっちゃ大変じゃん…」


きっと、あなたもそう思うことでしょう。

事実、この話題になると必ず「ネタが考えられない」「文章を書くのが苦手」「毎月発行するなんてストレスでしかない」という声がでてきます。

送ると反響があるのは分かっているけど、あらゆる業務の中で一番大変な仕事です。作るのもそうだし、発送もしんどくて毎月のつもりが2ヶ月に1度になり、四半期に1度になることもありました。

平井さん(総合リフォーム)

でも、このサービスで、あなたがやるのは「30分、担当者とZOOMで話すだけ」です。たったこれだけで、以下のような4P~8P のオリジナルニュースレターが完成します。

※クリックで拡大できます。

あなたも彼らと同じA4で4~8枚レターを発行できます

これを見てもらえればわかるように、ニュースレターはあなた専用のオリジナルデザインです。

色も自由に選べるし、雰囲気も明るいものや落ち着いたものまで調整できます。そしてもちろん、内容もオリジナルです。


4コマ漫画や料理コーナー、時事ネタに加え、あなたの会社ならではの情報も入ります。

なので、よくある「ネタを買って社名を差し替えるだけ」といった、他社とかぶる手抜きレターにはなりません。


内容も毎回編集できるから、「今月は工事の工程を写真つきで説明していく」「社員に1コーナーずつ持って自由書いてもらう」といったことも可能。


信じられないかもしれませんが、本当にこれだけやってもあなたが書く文字数は“ゼロ”です。ネタを考えて苦しむ必要もありません。


毎月たった30分、ZOOMで話すだけ。

それだけで、150件から200万円以上の工事を受注した写真の橋本さんのように、顧客満足度を高めながら売上アップを狙うことができます。

ZOOMで話しているだけで、あっという間に文章が完成するのでいつもポカーンとしながら見ています(笑)。あとは待っていればデザインが届くので、希望があれば修正するだけ。こんな楽なことはありません。

橋本さん(総合リフォーム)

「印刷」「袋詰」「郵送」も全部丸投げできます

ニュースレターが効果的なのは、集客について勉強してきた方なら百も承知でしょう。

ですが、先ほど述べたように作るのはとても大変です。さらに、もっと大変なのが


・印刷にかける

・OPPなどの透明の袋に1部ずつ詰める

・業者を手配して発送する


という発送に関わる業務。これがしんどくて、ほとんどの会社が挫折します。


年商2億のある工務店は専用のパートさんに月14万払ってこの問題をクリアしていましたが、小さな会社はたとえ費用対効果が高いとわかっていても、人を雇ってまで取り組む気にはならないでしょう。


かと言って、忙しい中200部、300部を毎月袋に詰めて発送するのもキツい。


そんな方が多かったので、このサービスでは「印刷」「袋詰」「発送」も全て、わたサポに丸投げできるようにしました。


これにより、あなたは毎月30分ZOOMで話すだけで「自動で」オリジナルのニュースレターが完成し、「自動で」既存客リストに送る環境を手に入れることができます。


クロネコDM便で送るので届いたかどうかの追跡も可能です。


つまり、わずか30分話すだけで、費用対効果が高いニュースレターが完成し、自動で既存客に郵送できる


自分で言うのもなんですが、これ、かなり良いと思いませんか?

デザイナーの枠が確保できる先着15社様までお受けします

このニュースレターを送ると、既存客からの反応ですぐにその効果を実感できます。


前出の田所さんも、わずか70件ほどのリストで7ヶ月以上、毎月1件以上のペースでリフォームを受注。


これの2分の1、3分の1でも元をとるには十分でしょう。むしろ、一年間送って元が取れなければ「顧客から嫌われているのでは?」と疑うレベルです


とは言え、自社でつくるならネタや構成を考え、文章を書くのに早い人でも1日は必要です。袋詰や発送までとなると最低でも3~4日かかります。


これらの労力やお金、さらにはネタを考える時間や苦痛。


こういったものを取り除きながら、顧客フォローと売上アップを実現できる。そんなサービスなので止める方がおらず募集を停止していたのですが、今回、当社に質の高いデザイナーが増えたため新たに先着15社までお受けさせていただきます。


既に実施している会社は、チラシのように高い広告費をかけることなく


・140リストから月平均35万円(工務店)

・300リストから月平均200~280万円(工務店)

・900リストで毎月1件以上の水まわりリフォームを受注(外壁塗装)

・1600リストから年商3.5億円(総合リフォーム)


このような実績をあげています。これだけの可能性を潰すまえに、まずは今すぐ下記のボタンから説明予約を行ってください。

でも、ちょっと待ってください、まだあります…

これだけでも、勘のいいあなたなら、きっと価値をわかってもらえていると思いますが、今日申し込むと、さらにこの特典をつけます。

【特典】同封して効果の高かったチラシを差し上げます

反応が取れるチラシとは?

ニュースレターは既存客からの信頼度を高めるものです。


なので送るだけでも売上アップに貢献してくれますが、信頼を高めると同時にチラシも一緒に読んでもらえば、さらに大きな売上に繋げることができます。


そこで、もし、あなたが既存客をフォローしながら売上を伸ばすことをいち早く決断できるなら、実際に郵送して反応のよかったチラシの実物を差し上げます。


これを使えば、より早く売上アップに繋げることができるでしょう。


さらに同封したいチラシがあれば、コピーライティング的に訴求力があるかどうかを無料で添削します。うちのチラシ添削はスポットで5万円~ですから、これだけでも十分もとがとれる計算です。


気に入らなければいつでも止められるので、少しでも気になるなら、まずは話だけでも聞いてみることをオススメします。

この後の流れ

1

説明を予約

お申し込みフォームに必要事項をご記入して予約してください。

2

ZOOMにてご説明

サービスの詳細説明と、既存のお客様の事例をもとにあなたの会社で効果がでるかどうかも診断します。

3

ご契約・サービス開始

問題がなければサービス開始。ZOOMで30分話すだけで、ニュースレターの作成〜発送まで全てお任せいただけます。

よくある質問

Q.

制作は2ヶ月に1回や3ヶ月に1回でもいいですか?

A.

はい、問題ありません。

Q.

印刷や発送は頼まずに、制作だけお願いすることもできますか?

A.

可能です。実際にそのような形で作っている方もいらっしゃいます。

Q.

送る先はどれだけ必要ですか?

A.

一番少ない会社で失注リストも含めて52件、多い会社で3,000件ほど送付しています。平均だと200~300件の会社が多いです。

Q.

作成するページ数は何ページがオススメですか?

A.

9割以上の会社が最も安価な4ページで制作しており、渡辺もそれで十分だと考えています。

6ページや8ページで作るのは社員数が多い会社のみです。

Q.

途中でやめられますか?

A.

万が一気に入らなければいつでもストップできます。辞めた方はまだ1人もいないので、まずは試してみてもらえたらと思います。

Copyright © 2022.わたサポ株式会社  All rights reserved.